【海外の反応】雪道をヘラジカにふさがれた男性が犯した悔やんでも悔やみきれない過ち

ノルウェーで雪道を運転中に、若いヘラジカに行く手をふさがれた男性。最初は距離を保っていたものの、一見穏やかなシカの反応に油断したのか、次第に距離を詰めていきます……

最後のため息交じりのボヤキが何とも痛々しいですね。ヘラジカの攻撃性を過小評価したことが、悔やまれる結果を招いてしまったようです…

それでは海外の反応をどうぞ!

タイトル

「むかついていたヘラジカ、車のフロントガラスを破壊する」

【海外の反応】トップコメント

■ ヘラジカをなめちゃいけないよ。愚か者めが

【海外の反応】その他のコメント

■ 森の王様は明らかに不愉快だったようだ😂

■ フロントガラスだけで済んでよかったじゃないの。:-D

落ち着いた対応だったね!ヘラジカが「やったぞ!やったぞ!」みたいな感じで逃げていく様子が面白かった

■ こいつらルール違反なんだよ。赤ん坊のヘラジカをつけまわすなんて。信じられん

■ これは道路なんだから。ちょっとぐらいからかったところで許されるだろ

(ソース:https://youtu.be/4rH7GcBJ72w

【豆知識】

アメリカ・アラスカ州政府は、ヘラジカ(ムース)を見かけた場合は15メートル以上の距離を保ち、叫んだり、物を投げたり、エサを与えないように呼び掛けています。さらに、ヘラジカが突進してきた場合は、自分とシカの間に障害物が存在する場所に移動し、万が一攻撃を受けた場合は、頭を手で覆い死んだふりをするように指導しています。(ソース:www.alaska.org

Bull Moose

【ドリトル君の独り言】

フロントガラスの交換は痛い出費かもしれませんが、撮影していたのは不幸中の幸いでした。ドライブ・レコーダーで撮影されたヘラジカの動画は他にもありますが、今回の動画と同様、ドライバーが路上のヘラジカに無理な追い越しをかけるものが少なくありません。

こちらはそうした動画のひとつで、最も警戒心が強い子連れの母親を怒らせる結果を招いています。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1.   より:

    >これは道路なんだから。ちょっとぐらいからかったところで許されるだろ

    人間が勝手に作った道路なわけだが、それでからかっていいなんて言い訳が野生動物に通用するわけがない

  2. 名無しさん より:

    >北アメリカの野生動物

    最初の動画はノルウェーですよね。
    二つ目は英語を話しているようですが、場所はわかりません。

    • ドリトル君 より:

      カテゴリーに「ヨーロッパの野生動物」を追加しました。
      2つめの動画ですが、撮影者は北米を中心に活動されている作家の方で、撮影場所は北米だと思われますが詳細な場所は不明です。
      ご指摘ありがとうございました。