【海外の反応】シバイヌ VS アライグマ「人気者対決の行方…」

シバイヌ人気に嫉妬したのでしょうか?アライグマが見せた、起死回生の一発芸をご覧ください…

he spin, he dance, he break it down

少なくともライバルの注意を引くことには成功したようですねw

それでは海外の反応をどうぞ!

(ソース:instagram.com

タイトル

「スピンして、ダンスして、ブレイクダンスする彼」

【海外の反応】トップコメント

■ なんとまあ、よく太った男の子だこと

■ 

【海外の反応】その他のコメント

■ 間違いなく太り過ぎだね

■ 

■ ペットのアライグマって、どうしてこうも太ってるんだろうか?太り過ぎじゃないペットのアライグマを見たことないぞ

■ 見事なゴミパンダだ

■ 食べるためなら何でもやりそう…

(ソース:imgur.com

【豆知識】

アライグマの数は、本来の生息地である北アメリカで200年前の100倍に増えており、ある地域では1平方マイル(約2.5平方キロメートル)あたり700匹のアライグマが生息しているとされています。(ソース:study.com

raccoon

【ドリトル君の独り言】

ペットとして飼われているアライグマには、肥満体型が目立ちますね。

さて、シバイヌとアライグマの出会いがもっと見たい方は、こちらをどうぞ!

本日もお越しいただきありがとうございます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    タヌキとアライグマの違いがわからん
    レッサーパンダはわかる

  2.   より:

    タヌキは日本にしか生息していない。