【海外の反応】チンパンジーの子供達「感動の再会」

再会を喜ぶチンパンジーの子供達です。

I miss You Bro from AnimalsBeingBros

もともと同じ場所で暮らしていた二匹のチンパンジーですが、しばらくの間別々の施設に引き取られていたようです。それでは、海外の反応をどうぞ。(ソース:Best Animal Videos 

タイトル

「I miss You Bro(会いたかったよ、兄弟)」

【海外の反応】トップコメント

■ これ、悲しくなるわ

■ そうだよね。胸が痛むよ

【海外の反応】その他のコメント

■ これはもう、最大の悲しみだわ。かわいそうな小っちゃな生き物たち

■ 他の動物たちと比べて、彼らの高い知能がどれ程までの悲しみをもたらすのだろう?

■ チンパンジーは社会的知性がある動物だし、ペットにするべきじゃない

■ このチンパンジーは可愛いんだけど、首輪は見たくないね

■ これは悲しいわね。彼らはきっと怖かったと思うし、大きなストレスと向き合わなければならなかったと思うわ

■ 彼らはまだ子供なのに、大人のチンパンジーから引き放され、リーシュでつながれている。彼らにとって、極めて不自然な環境にあると思うよ

■ 彼女は正しい。彼らがハグするのはストレスが溜まっている時なんだ。ソース:CBS NEWS

■ 確かに愛くるしいけど、人間の楽しみのために彼らがペットにされるのには嫌悪感を抱くな。自然に返すためのリハビリならリーシュは不要だろうし、無知な人間のアクセサリーとして歩き回らせる必要もないはずだ

■ この動画がたくさんの人達を怒らせるのは解る。でも最悪の事態ばかり想像しても仕方ない。彼らは孤児なのかもしれないし、動物園にいるのかもしれない。リーシュは安全のためかもしれないんだ。人間だって、寝てる間は赤ん坊をイスに縛り付けたり、ケージに入れたりするんだから

豆知識

人間や動物は、ハグや肉体的な接触で相手に対する信頼感を増幅させることができます。ハグされることでストレスのもとになるホルモン・コルチゾールが減少し、落ち着けるようになります。また気分を良くするホルモン・コレチゾールのレベルが上昇し、相手に対する信頼感が高まります。(ソース:UP WORTHEY

ドリトル君の独り言

背景が分からないと、素直に喜べないという反応が多かったようです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする