「自由よりも大切なもの」子猫と子犬の友情

ケージを飛び出した子猫には、自由より大切なものがあったようです。何人たりとも求めあう二匹を分かつことはできなかった、ということでしょうか?

Reunited Cellmates

毎晩ケージを抜け出す子猫に手を焼き、撮影を思いついたのかもしれません。ただ、猫の跳躍力からすればケージの壁はちょっと低すぎたようです。

タイトル

「再会した囚人仲間」

【海外の反応】トップコメント

■ 何て可愛い子犬なの!:「心配いらないよ。君の顔をくわえて思いっきり引っ張るから」

■ それとも、登ろうとしてたのかも: 犬「やあ!(ゴツン)やあ!(ごつん)」

猫「ねえ、少しの間、押さないでくれる?」

【海外の反応】その他のコメント

■ 撮影した人は、助けもしない代わりに邪魔もしなかったのが良かった

■ いつも猫がイヌのケージにいるので、どうなってるのかと思って撮影したんだろうね

■ 子犬はあんなにも尻尾を振ってる。まるでプロペラみたいに。そのせいで犬は高いところに届いたのかも

■ 今週観た中で一番かわいかった。子猫はまるで忍者みたいに壁をのぼってた

豆知識

猫のジャンプ力は最高で身長の7倍の高さまで達すると言われています。(参照:Petcentric)

ドリトル君の独り言

子猫ですが、本当は外に出たかったのかもしれませんね。(ちょっと高すぎて怖気づいた様にも見えます。)

本日もお越しいただきありがとうございます。ブログランキングに参加しています。よろしければ応援のほどよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする