【海外の反応】今日もポーチにやって来た「いつものワシといつものキツネ」

北太平洋に連なるアリューシャン列島のウナラスカ島にお住いのパム・アウスさん。ベーリング海の漁業基地ダッチハーバーを臨む彼女のお宅のポーチには、こんなお客さんがやってきます…

“Good Morning.”

エサをあげているわけでもないのに、いったいどうしてでしょうか?それでは海外の反応をどうぞ!(ソース:https://youtu.be/O-0v4PBl64A

タイトル

「グッドモーニング」

【海外の反応】トップコメント

■ これは悪いサインだ。「掃除屋」は死の匂いを嗅ぎつける

■ あるいはワシが舞い降りたのを見たキツネが、獲物のおこぼれをいただこうと近寄って来たのかも

■ ワシは、キツネのサイズが獲物にするには大きすぎないか考えてるのかな

【海外の反応】その他のコメント

■ 「ハニー!注文した野生動物が届いたよ」

■ これ、ディズニーの何ていうお姫様映画?

■ フル・バージョンには、ヘラジカも登場するといいな

■ アラスカの女性パム・アウスさんのYouTubeチャンネルだよね。 ワシの群れを撮影した彼女のビデオは素晴らしいよ

■ 彼女知ってるわ!私の元カレが彼女の家の隣に住んでるの

(ソース:https://imgur.com/gallery/WDQ00G4

【豆知識】

ハクトウワシがアメリカ合衆国の国鳥になったのは1782年です。英語名はハゲワシを意味するBald eagleですが、これは白い頭とこげ茶色の体のコントラストによって、遠くから見ると禿げたように見えることからつけられました。(ソース:livescience.com

IMG_5468-477.jpg

【ドリトル君の独り言】

ハクトウワシの”ミスター・イーグル”とキツネの”トッド”は、ヒーターの排気口で暖をとるために数年前からパムさんのお宅のポーチに来るようになったそうです。

ちなみにパムさんによると、豊富にとれる魚を主食にしているダッチハーバーのハクトウワシは、キツネやパムさんの飼い猫達を襲うことはないそうです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ミル より:

    ハゲワシは禿げてなかったのか。
    勉強になりました

  2.   より:

    (・ω・)コンヌツワ

  3. ポンポコ戦隊ケモレンジャー より:

    どこか申し訳なさげな所存のキツネと我が物顔のネコw