【海外の反応】「大型猫科動物」の目撃現場からライブ中継された意外過ぎる映像

アメリカ大陸に生息し「マウンテン・ライオン」の別名を持つピューマ(クーガー)は、シカを襲うこともある大型猫科動物です。ミシシッピー州のヘルナンド市で、ピューマの目撃情報を入手した地元テレビ局は、ニュース番組内で現場から中継レポートを試みます。

レポーター:「ちょうどあのあたりが、ピューマが目撃された場所です。そしてあれは…

…家猫ですね」

『大型猫科動物、目撃される』のテロップと共に家猫を捉え続けたライブ映像に、思わず吹いた視聴者も少なくなかったようです。それでは海外の反応をどうぞ!(ソース:http://www.fox13memphis.com/

タイトル

「番組の話題をさらった猫の話題でもちきりですね。見過ごした方、こちらです」(※投稿者はリポーターご本人)

【海外の反応】トップコメント

■ これまで見たテレビやネットのおふざけライブ中継の中でも、これが最高の出来だわ。ありがとう

■ (投稿者)どういたしまして

【海外の反応】その他のコメント

■ この猫、エミー賞ものだわ 😻

■ (投稿者)同意します

■ 何がすごいって、この猫が中継中にじっとしてたことだよね。きっと猫もテレビに映ってるって気づいてたんだよ。みんなテレビ的な瞬間を楽しみたいのさ

■ テレビ中継って良いわよね 😂😂😂👏👏👏

■ LOL これ、笑えるわ!この猫、まるで「そう。僕がピューマだよ」って言ってるみたい

■ これ最高よ!この猫、イギリスではレジェンドになってるわ。この小っちゃな顔が好き

■ オーマイガー!あなたが振り返った時、ホントにピューマがいるのかと思った。プライスレス

■ ピュア・ゴールド。 一瞬、カメラが野生のピューマをとらえたのかと思ったわ

■ 通報者が見たのって、この猫だったんじゃないの?

■ 「ハニー!ピューマを縮めちゃったよ」

(ソース:https://twitter.com/scottmadaus/status/919241966663200769

【豆知識】

ネコ属のピューマやチーターは、ヒョウ属のライオンやトラのように吠え声をあげることができません。舌の構造が異なるため、ヒョウ族のように喉頭を自由に動かして大きなほえ声をあげることができないためです。(ソース:http://www.tobezoo.com/

【ドリトル君の独り言】

今回のおもしろ中継動画の舞台裏ですが、「大型猫科動物」の姿を確認できなかったレポーターとカメラマンが話し合って、その場にいた猫を撮ることにしたのだそうです。

なお、問題の「大型猫科動物」ですが、目撃時にビデオ撮影されたのを最後に姿を現していないようです。(こちらが目撃情報の元になったビデオです。)(ソース:https://www.coasttocoastam.com/

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキングk

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする