【海外の反応】生真面目な態度で体重測定に臨むキツネザル

体重測定は健康管理の基本ですが、それは動物園の動物たちにとっても同じです。

Little Lemur getting prepared for weigh day 

大きくてフサフサの尻尾に特徴があるワオキツネザルは、飼育員さんに従い体重計に飛び乗っただけでなく、体重計からはみ出していた尻尾の重さが含まれるようにそれを抱きかかえたのでした!それでは海外の反応をどうぞ。

タイトル

「体重測定の日に備える小さなキツネザル」

【海外の反応】トップコメント

■ オーマイゴッド!シッポのあの抱きかかえ方

【海外の反応】その他のコメント

■ ベルギー のブリュージュレット動物園ではキツネザルが自由に動き回ってるの。これがその時に撮った写真

Rainy Day in Pairi Daiza Zoo

■ アイルランドのフォタアイランド自然動物公園も同じ。 ただ「キツネザルにさわらないでください」と書かれた標識を持った飼育員がついて回るけど

■ もし自分の彼女が体重測定してる時におやつなんかあげたりしたら、刺されるよw 普段は、もちろんおやつ大歓迎だけどねw

■ 今職場のトイレの中でこれ見ながら「シッポ、抱えちゃってるぅ~!!」って叫んじゃった!良かった、誰もいなくて

■ ”おやつをあげましょう”って、体重増えちゃうじゃないの。馬鹿だねー、人間って

■ 「ゾブーマフー」を思い出すね ※

(※アメリカの公共放送局PBSで放送されていた子供向け動物番組です。番組タイトルにもなっているメインキャラクターのゾブーマフーは、デューク大学キツネザルセンターで飼育されていたキツネザルがモデルでした。)

(ソース:http://imgur.com/gallery/Bd7scZc)

【豆知識】

すでに絶滅したキツネザルの仲間には、ゴリラと同程度のサイズ(頭胴長1.5メートル)の種、メガラダピスが存在したとされています。(ソース:Daily mail )

Megaladapis.jpg
By FunkMonk (Michael B. H.) – Own work, CC BY-SA 3.0, Link

【ドリトル君の独り言】

体重測定のご褒美を食べ過ぎて、体をこわさないように注意してもらいたいですね。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする