【海外の反応】「噛みすぎても、噛まなくてもダメ」牛のスペシャリスト・牧牛犬

アメリカでは毎年700以上の競技会が開催されるロディオ競技。なかでも一番人気のあるブル・ライディングを気軽に体験できるのがロディオマシーンです。

そのロディオマシーンに挑戦するのは、オーストラリアン・キャトル・ドッグ。名前のとおり、牛を追って管理するために繁殖された牧牛犬です

Doggo rides bull

さすが牧牛犬、「のんびりモード」ながらロデオマシーンを見事に乗りこなしています。それでは海外の反応をどうぞ!

タイトル

「犬のブルライディング」

【海外の反応】トップコメント

■ yee paw!!

Yee Haw.

【海外の反応】その他のコメント

■ もちろん、彼には天賦の才能があるから。何たってキャトル・ドッグなんだからね

■ オーストラリアン・キャトルドッグ。またの名をブルー・ヒーラー

■ あるいはレッド・ヒーラー

■ 二匹飼ってます

View post on imgur.com

■ シラフで乗るなんて、インチキだ!誰かバーボンもってこい!

■ 頑張れ、チビ犬!

■ 

■ 人間みたいだね

■ この犬、ロディオマシーンは乗りこなせても、多分車酔いするんだろうな

■ 気に入った!彼はすごく落ち着いてるよね

■ うちの犬なんて、車のシートに転倒せずにじっと座ることもできないよ

■ キャトルドッグはこのために生まれてきたんだもんね

(ソース:https://imgur.com/gallery/RRAYw3y

【豆知識】

指示に従わない牛を軽く噛んで驚かすことで、行動を管理する牧牛犬のことをヒーラーと言います。(ソース:Dog Time

【ドリトル君の独り言】

キャトルドックの噛む力は、強すぎると牛を傷つけてしまうし、弱すぎると牛をコントロールできないということです。トレーニングするのも簡単ではなさそうです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする