【海外の反応】助けられたウミガメ、「最高の日の出」をバックに海に帰る

ユカタン半島の東、カリブ海に浮かぶコスメル島は、メキシコでも屈指の美しさを誇るビーチリゾートです。この島に休暇で訪れていたアメリカ・オハイオ州在住のステーブ・ブッカーさんは、カリブ海に登る日の出を見ようと散歩に出かけた浜辺で、予期せぬ光景を目にします。

それは、ひっくり返って動けなくなっている大きなウミガメがでした。どうやら、産卵のために浜にあがったものの目的を果たせないまま、夜通しもがき苦しんでいたようです。

ウミガメがケガのために出血している様子に気づいたブッカーさんは、カメラに向かって「できるかぎりのことをしてみます」とメッセージを残してから、救出に向かいます。

(画面上の”▶Watch full video”をクリックすると全編視聴できます。)

ウミガメが海に帰る様子を撮影しながら「皆さん、これが完璧な日の出です」と語り掛けるブッカーさんの声からは満足感が伝わってきます。それでは海外の反応をどうぞ!

(ソース:Daily Mail

タイトル

「ケガを負ったウミガメ、夏休み中の良い人に助けられる」

【海外の反応】トップコメント

■ よくやったね!ご苦労様

【海外の反応】その他のコメント

■ オー、スティーブ!愛すべき親切な人だ。ウミガメを助けてくれてありがとう。そして美しいビデオをシェアしてくれてありがとう!

■ 良い人による、別の良い話だ。ありがとう!

■ 俺は、彼らがこのビデオを撮るためにわざとやったという筋書きに賭けるよ。人は見聞きしたものをそのとおり信じるからな

■ そして私は、何かというと物事を悪いように考える皮肉屋で、それをそのままコメントしようとする輩が現われることに賭けるよ

■ 何かと恐ろしくて悲惨なニュースが多い中で、この話はとっても救いになったよ!美しい亀を救ってくれてありがとう!幸運をいのるよ

(ソース:Daily Mail

【豆知識】

ウミガメがどうやって同じ産卵場所に繰り返し戻ってこれるのか、その仕組みはまだ解明されていません。最新の学説では、ウミガメが地球が発する磁力線の角度と強さの両方を検知して、産卵場所の緯度と経度を特定できる能力を持っているのではないかと仮定しています。(ソース:Sea Turtle Conservancy )

【ドリトル君の独り言】

最後の朝日が美しかったですね。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする