【海外の反応】ナイフを振り回してキッチンシンクで「最後の抵抗」を試みるカニ

ナイフを武器にキッチンシンクで「最後の抵抗」を試みるブラジルのカニです…

Mess with the crabo you get the stabo

果たして夕食の献立を変更させることはできたのでしょうか…

それでは海外の反応をどうぞ!

タイトル

「カニともめると、刺されるカニよ」

【海外の反応】トップコメント

■ ツメを持ち変えるところが良いね

■ 「お前は知らないだろうが」「何だ?」「俺は左利きじゃないんだ」

■ 見たところ左右とも同じツメのようだが。片手にナイフを持ってるってこと?

【海外の反応】その他のコメント

■ 自然界でも利口な廃品業者みたいに身の回りの物を使うんだろうか?敵を寄せ付けないように棒を使うとか。これは随分シャープな棒だけど

■ 新生代のギャングスター・クラブだ

■ なんてこった、持ち変えてやがる。逃げた方がよさそうだ

View post on imgur.com

■ ある男が学校でうちの妹にカニをくれたんだ。 妹はカニに殺されるって言ってたけど、こんなことになってたとは知らなかった

■ お子様をお探しのお父さん、ここにいますよ

■ 最初は面白がっても、そのうちカニが怖がってるんじゃないかとか、拷問されてるんじゃないかって話になるんだよな

■ わかんねえよ。殺されそうになってるかもな

■ 

(ソース:https://imgur.com/gallery/CMkOOqu

【豆知識】

「ナイフを振り回すカニ」ですが、2016年にも今回のビデオとほぼ同じビデオがネット上で話題になり、ワシントンポスト紙がアメリカの国立水族館にわざわざ取材しています。

専門家の見解は、人に無理やりナイフを持たされたカニが、外敵から身を守る際の動作を行ったに過ぎないというものだったそうです。(ソース:washingtonpost.com

I don’t know what Imgur wants

【ドリトル君の独り言】

新作(?)では、前作の疑惑を払拭しようとしたのか、カニがナイフを持ち替えたことに加え、ナイフの柄の色が青から赤に変わっているようですね!

お口直しに、集団で脱皮するクモガニの生態をとらえたBBCのドキュメンタリー「ブループラネット2」の一部をご覧ください。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする