【海外の反応】「もたもたしないでヨ!」選手からバットをもぎ取るバット・ドッグ

MLBマイアミ・マーリンズ傘下で、マイナーリーグ(シングルA)に所属するグリーンズボロ・グラスホッパーズ。チームの”バット・ドッグ”役を務めるのは、ラブラドール・レトリバーの”ミス・ルールー・ゲーリック”です!

Don’t set your bat down if you don’t want the bat dog to take it.

ストライクがコールされたにもかかわらず、一塁ベースに歩きかけたバッターに思わず駆け寄り、バット回収を試みたミス・ルールー。将来を期待されるマイナーリーガーに、無言のプレッシャーをかけようとしているのでしょうか…w

それでは海外の反応をどうぞ!

(ソース:twitter.com

タイトル

「バット・ドッグに持っていかれたくないなら、バットを地面に置くなよ」

【海外の反応】トップコメント

■ ハハハ「さあ、バットをよこしなよ!ちょっと、なによ!?ボスが見てるんだから!」

【海外の反応】その他のコメント

■ 四球を金で買おうとするとこうなる

■ バットを回収するためにほんとに犬を飼ってるの?それって、すごいね!!天才だよ!

■ スティック、スティック!さあ、早くちょうだいよ!これって私の仕事なんだから!たのみますよ、旦那!!

■ グリーンズボロ、ノースカロライナ!!行け、グラスホッパーズ!!

■ グリーンズボロ・グラスホッパーズをimgurのフロントページで見る日が来るとは思ってもみなかったよw

■ 

(ソース:imgur.com

【豆知識】

かつては松井秀喜氏も所属したことがあるニューヨーク・ヤンキース傘下のマイナーリーグ(2A)チーム、トレントン・サンダーでは、三代続くバット・ドッグが活躍しています。こちらは三代目”ルーキー”のトレーニング風景です。(ソース:thedodo.com

【ドリトル君の独り言】

天国のルー・ゲーリックも喜んでいるに違いありませんね!

野球とワンコを愛してやまない皆さんは、こちらをどうぞ!

本日もお越しいただきありがとうございます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする