「いつもと違うアプローチ」効果的に飼い主に飛びつく方法、教えます。

何事も節度ある行動が大切です。それが大好きなご主人に対する愛情表現でも。こちらのダルメシアン、何回も飛びつきすぎてご主人様に叱られたてしまったのかもしれません。それでも飛びつきたい彼が思いついた方法とは・・・

Jasper the Dalmatian

ボールをくわえて忍び足。何が望みなのか悟られないように注意しながら、慎重にターゲットに接近しています。射程距離に入ったとしても油断は禁物。慎重にボールを置いたら、さあ、思いっきり飛び掛かりましょう!

タイトル

「ジャスパー、ザ・ダルメシアン」

【海外の反応】トップコメント

■ 以前投稿されたときに彼の目があまりにも人間ぽいからみんな怖がってなかったっけ?

■ だよね。人間がダルメシアンの体に閉じ込められちゃった、って感じ

■ 言われるまで気づかなかったよ。でもいいんじゃない。良い犬だよね

【海外の反応】その他のコメント

■ なんか不気味

■ ”ダァ~…..ディ~…..”

■ 私もボーダー・コリーとのミックスを飼ってたけどおんなじ目をしてた。スマートだよね

■ 私のビーグルの子犬もおんなじ目だった。怖がる必要なんてあるの?

■ 私は今飼ってるよ!

■ 自然のアイ・ライナーでしょ。 彼、すごくゴージャスじゃない

■ みんな安心してよ。尻尾があるし大丈夫だよ

豆知識

馬車が交通の主流だった時代、消防車ならぬ消防馬車もあったのですが、ダルメシアンは消防馬車を先導するのに使われていました。アメリカの一部の消防署のエンブレムにダルメシアンがデザインされているのはそのためです。

Arizona Street Station, Butte Fire Department, Butte, Montana (1901)

アメリカの一部の消防署のエンブレムにダルメシアンがデザインされていたり、今もマスコットとして飼われているのはそのためです。

FDNY Dalmatian

ドリトル君の独り言

このダルメシアンの動きは、ほんとうに人間ぽいですね。驚きました。

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする