【海外の反応】猫パンチを浴びせるには可愛すぎたワンコ

待ち伏せされているとも知らず、猫の攻撃圏内に侵入してきたチワワ。猫は満を持して奇襲攻撃をしかけますが…

Brutal sneak attack.

ターゲットが、猫パンチをお見舞いするにはあまりにも気の毒な、気弱そうなチワワだと知らなかったのでしょうか…?

それでは海外の反応をどうぞ!

タイトル

「残酷な奇襲攻撃」

【海外の反応】トップコメント

■ こういう猫って稲妻なみの速さだよね

【海外の反応】その他のコメント

■ 猫はじゅうたんにオシッコしないように注意しに来たんだ!

■「ねえ…今の見た?ーワンコ」

■ これは残酷な攻撃なんかじゃないよ。必殺の伝説的攻撃さ

■ チワワか…おそらく猫がちょっかいを出すのをためらうほどのクレイジーさを持った唯一の犬種だよね

■ 史上最高のどんでん返し

■ 犬はかなり混乱してたねw

(ソース:imgur.com

【豆知識】

獣医師が監修するペット情報サイトVet Streetによると、猫と犬を平和に共存させるための最善策は、猫に慣れている犬を探すことです。とりわけ生後2週間から9週間の間に猫と交流した経験がある犬は、大人になってからも猫とうまく暮らせる確率が高いとされています。(ソース:vetstreet.com

Manchmal könnte ich schmelzen

【ドリトル君の独り言】

ああ見えて実は喧嘩っ早いタイプも多いチワワ。もしかして、猫は反撃が怖くて攻撃を中止したのかもしれませんね。

こちらは「最も笑わせてくれる犬」という評価も聞かれるチワワの面白映像傑作集です。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1.   より:

    最後「何今の?」みたいな感じでこっちみんなw

  2. 名無しの権兵衛 より:

    やさしい世界 癒される