テリアとミニチュアホースの全米・大人気ショー

メスのジャックラッセルテリアのドリーは2歳の時に保護され、アメリカ・ワシントン州にある牧場にやって来ました。そこでオスのミニチュアホースのスパンキーと出会い、一緒に芸をするようになりました。それ以来、全米各地でショーをしているそうです。

Let's Ride lil Sebastian!

エサは同じものしか食べないそうです。また、ドリーはほかの犬がスパンキーに近づくのを許さないそうです。(参照:ニューヨークポスト

タイトル

「ホース・プレイ:ミニチュアホースに乗るジャックラッセルテリア」

【海外の反応】トップコメント

■ 人間より乗馬がうまい犬がいるなんて

■ まったくその通り

【海外の反応】その他のコメント

■ この犬とミニチュアホースのショーは普通じゃないね

■ ねえ気づいた?この犬、乗馬中におしりを浮かせているんだよ、人間みたいに!すごいよ

■ ジャックラッセルテリアは馬と相性がいいんだよね。

■ その通りなんだよな

■ 動物王国では種の違いを超えて友情が成立するんだよ。ヒトは例外だけど

豆知識

ジャックラッセル・テリアは、19世紀のイギリスで、狩りの時に巣穴からキツネを追い出すためにジャック・ラッセル牧師によって交配された犬種です。

ドリトル君の独り言

サーカスの動画には批判コメントが多いのですが、こちらには当てはまらないようです。

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする