【海外の反応】猫のムーシャ、母親を失くした8匹の赤ちゃんハリネズミを救う

ロシア・ウラジオストックのサドゴラ動物園で生まれた8匹の赤ちゃんハリネズミに、予期せぬ不幸が訪れました。彼らが生まれた直後に母親ハリネズミが「芝刈り機に頭をぶつけて(※)」死んでしまったのです。(※動物園発表…)

哺乳瓶のミルクを受け付けず餓死寸前となった赤ちゃんたちを救うために、白羽の矢が立てられたのは動物園の庭にいた猫のムーシャでした。ムーシャは親を亡くした子猫の里親として、子育てを終えたばかりだったのです。

Eight orphaned hedgehog babies find foster mother in a zoo’s cat.

ムーシャからミルクの匂いを嗅ぎつけたハリネズミの赤ちゃんたちは、彼女のお乳に殺到します。ムーシャも自分に期待されている役割をすぐに理解したように赤ちゃんたちを優しく受け入れたのでした。

なお、ムーシャは赤ちゃんたちを寝かしつける役目も果たしているようですが、愛情を求めてすり寄ってくる赤ちゃんたちのハリの痛さに耐えられず、唸り声をあげて飛びのくこともあるそうです。(ソース:Daily Mail

タイトル

「孤児となった8匹のハリネズミの里親になった動物園の猫」

【海外の反応】トップコメント

■ 疲れた様子の猫だね

■ 普通は20時間寝るのに14時間ぐらいしか寝てない感じ

■ 針のかたまりたちを世話して貧血気味なのかも

  ■ ハリネズミにミルクをあげたことないだろうけど、彼らってすごい食欲なんだよ

【海外の反応】その他のコメント

■ 「まったくもう!!痛っ!!もうちょっと、優しくね」

■ なんか変わった子猫たちだね

■ 違う種類の動物のミルクを飲むことができるって、すごいよね。人間はそれができるわけだけど、それでもすごいと思う

■ タンパク質、脂肪、炭水化物、そして微量の栄養素の成分バランスは動物によって違うけど、栄養補給という意味では、何もないよりはましだ

■ 特定の種類の母乳が他の種よりも適合しやすいのは興味深いよね。人間は母親から母乳を飲めない時にはヤギのミルクを飲むのが一番良いらしい

■ 実際、メキシコでは長い間、ヤギのミルクを飲んでいる子供は病気にかからないとされてきた。ある種の薬みたいなものさ

■ この猫、人間で言うと50歳くらいだよ。彼女、恵まれてるわ

■ この子たちと一緒にいるのって、きっと大変なんだろうな

■ 舐めてきれいにしてあげる時に辛そう

■ ハリネスミと言えば

(ソース:http://imgur.com/gallery/5qjF5oo

【豆知識】

ハリネズミの英語名ヘッジホッグ(Hedgehog)は、生垣(ヘッジ、Hedge)の下など植物の根の下に巣を作り、ブタ(ホッグ、Hog)のように鼻を鳴らすことから名づけられました。(ソース:LIVE SCIENCE

Lisbeth

【ドリトル君の独り言】

赤ちゃんハリネズミの兄弟たちにとって、ムーシャが動物園にいたのは、まさに不幸中の幸いだったようですね。それにしても、「芝刈り機」とは…

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無しさん より:

    >芝刈り機に頭をぶつけて
    「芝刈り機に頭を刈られて」

  2. . より:

    赤ちゃんハリネズミが生きてて、ネコがちゃんと子育てしてるならいい話……なのか?
    種が違うし、なるべく早い段階で止めた方がいいと思うけど。