【悲報】カンガルーの愛を拒絶する猫

一方的に想いを寄せた相手から拒絶されるのは、動物界ではよくあることです。

Cat rejects a Kangaroo’s love

こちらはお得意のボクシング・パンチを封印しているというのに、容赦なく猫パンチを繰り出して去っていった相手。カンガルーが最後に見せる悲し気な表情が印象的です。

タイトル

「猫に愛を拒まれたカンガルー」

【海外の反応】トップコメント

■ でも僕はルーを愛してる・・・

(※「ルー」はカンガルーの愛称として海外で定着しています。)

■ くすくす笑いで女房を起こしちゃって、冷たい目で見られちゃったよ

【海外の反応】その他のコメント

■ 一般的に自然の中で暮らすカンガルーは獰猛だ。哺乳類でも上位に位置する

■ 真面目な話、あの爪を見てよ。猫だってかなわないさ

■ 子供のころ、カンガルーに殴られたことがある。あいつらは間抜けだ!あいつら、みんな嫌いだ!

■ 俺は大丈夫だったけどな

■ あのカンガルー「なにぃ~?」とか言ってそうw

■ 「僕ら、特別な関係じゃなかったの?」とかw

■ 自分のどこがいけなかったのかも分からないまま、取り残されるんだろうな。真実が明らかになることは決してないだろう。これからは疑問を抱えて生きていくのさ

■ これはワラビーだよ

■ そうだよな。小さいし、毛がフサフサしてるし

■ いやあ、ハイイロカンガルーはカンガルーの子供ぐらいの大きさなんだよ

豆知識

ハイイロカンガルーは時速56キロほどの速度で走ることができます。また、一回の跳躍で幅約8メートル、高さは約2メートルまでジャンプすることもあるそうです。(ソース:ナショナルジオグラフィック

ドリトル君の独り言

ボクシングするカンガルーは、オオカンガルーのオスであることが多いようです。

本日もお越しいただきありがとうございます。ブログランキングに参加しています。よろしければ応援のほどよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする