【海外の反応】イタリア人写真家を驚かせた、「オオカミの群れの中でくつろぐ馬」

「自分の目で見なかったとしたら、こんなことあり得ないと思っただろうね」

…と語るのはイタリアの写真家ファブリッィオ・ジアマッテオさんです。イタリア・アブルッツォ州のアッチャーノで彼が目にした、あり得ない光景がこちらです…

6匹のオオカミの群れの中心にいるのは、なんと野生の馬です!ジオマッテオさんによると、この地域のオオカミが野生の馬を襲うことは珍しくなく、このような光景は普段では考えられないそうです。

ジアマッテオさんが”オラツィオ”と名付けたこの馬は「オオカミの群れに大胆に近づき、戸惑うオオカミたちに何事か告げた(?)」後は、終始くつろいでいたそうです。

「相手が捕食動物であろうと、自分の土地では自分の好きなように過ごしたかったのかも」と話すジオマッテオさん。あり得ない共存関係の今後の行方が気になります…

それでは海外の反応をどうぞ!

タイトル

「この野生の馬は、オオカミの群れのメンバーです」

【海外の反応】トップコメント

■ コヨーテでは?彼らは小型の獲物が専門のハンターで、大きな獲物は食べないのかも

■ コヨーテはヨーロッパにはいないよ…これはイタリアオオカミだね

【海外の反応】その他のコメント

■ オオカミは馬を食べるよ

■ 捕食動物が獲物を常に食べようとするわけではない。特に満腹の時はね…

■ ”89日目:彼らはようやく僕を仲間として認めてくれたようだ。でもレイノルズだけは、なぜか僕をまだ疑っている…”

■ 1匹だけ、ずいぶん大きな犬がいるみたいだ

■ 

■ まるで自主制作版のディズニー映画みたい

■ 彼は”アルファ”(※主導権を握るタイプのオス)だね

■ 馬が弱るのを待ってるとか…

(ソース:https://imgur.com/gallery/nL9Ys2T

【豆知識】

家畜化されたことがない純粋な野生馬といえる種は、ロシアの探検家ニコライ・プルツェワルスキー大佐によって1879年にモンゴルで発見されたモウコノウマ(別名:プシバルスキーウマ)のみとされています。(ソース:http://www.bbc.com

【追記】最新のDNA解析の結果、これまで唯一の野生種と考えられていたモウコノウマ(別名:プシバルスキーウマ)は、カザフスタン北部のボタイ地方で家畜として飼育されていた”ボタイ・ホース”と呼ばれる馬の子孫であり、馬の野生種はすでに絶滅していたことが明らかになりました。(ソース:http://www.sciencemag.org

Takhi (wild horse), Hustain Nuruu National Park

【ドリトル君の独り言】

馬がオオカミの群れの前でお腹を見せていたのには驚きましたね。

こちらは、同じイタリア・アブルッツオ州にあるアブルッツォ国立公園に1年間に渡り設置された無人カメラの映像です。オオカミを含む様々な野生動物が収められています。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    今日の昼頃時事通信で配信された記事の抜粋です。豆知識の訂正もしくは追記願います。

    【AFP=時事】世界の野生種のウマは、すでに絶滅していたとする研究結果が22日、発表された。ウマの祖先の最新DNA分析に基づく系統樹の書き換えにつながる予想外の結果だという。
    米科学誌サイエンス(Science)に掲載された論文によると、地球に現存する最後の野生種と大半の人々が考えていた「プルツワルスキー(Przewalski、 モウコノウマ)」は、実際には所有者の元から逃げ出した家畜馬の子孫なのだという。

    • ドリトル君 より:

      ど様、
      詳細な情報をいただきありがとうございます。記事を追記させていただきました。
      きゃっつあんど管理人