【海外の反応】ビーチを散歩中の親子に接近するパンダイルカの群れ

南米大陸の南端に近い南大西洋に浮かぶ英国領フォークランド諸島。1月の南半球は夏真っ盛りですが、海水温が低い南大西洋に囲まれているフォークランド諸島の気温は、最高でも15度程度です。

そのフォークランド諸島で暮らすジェンキンスさん御一家。親子3人でビーチを散歩していたところ、沖を泳ぐイロワケイルカ、別名パンダイルカの群れを見つけました…

Close encounter

「時には思い切って冷たい水に入れば、こんな経験もできるんです」とコメントするジェンキンスさん。真夏でも最高9度程度の冷たい海に入った甲斐がありました。(ちなみに相模湾沿岸の海水温は夏場で27度前後です。)

それでは海外の反応をどうぞ!

(ソース:https://www.instagram.com/p/BdqEQFQlCt_/?taken-by=jenksruss

タイトル

「接近遭遇」

【海外の反応】トップコメント

■ 「子供を渡せ -イルカ」

■ 借金帳消しだ

■ 

【海外の反応】その他のコメント

■ こんなイルカ、見たことも聞いたこともないぞ!

■ これからパンダの事を「陸のイロワケイルカ」と呼ばせてもらうよ

■ お母さん見てよ!ウォーター・ドッグがいる!

■ フォークランド諸島初の外国人との遭遇、というわけではないようだね

■ 気をつけな!アルゼンチンのネタだらけになるぞ!

■ シー・パンダがいるって教えてくれたことに1アップボート!

■ このひと、勇気あるよね。私は海の動物は苦手だわ。イルカは可愛いけど…

■ イングランドがこの島を欲しがったのもわかるわ…

■ この子、イルカに祝福されてるわ

■ 

(ソース:https://imgur.com/gallery/0VryJEw

【豆知識】

パンダイルカの別名を持つイロワケイルカは、南アメリカ南端のフエゴ島およびフォークランド諸島の周辺海域、そして、インド洋南部のケルゲレン諸島の周辺海域の二つの海域にのみ生息しています。

英語名のコメルソンズドルフィンは、フランスの植物学者で博物学者のフィリベール・コメルソンにちなんで名づけられました。(ソース:http://uk.whales.org/species-guide/commersons-dolphin

Black and White

【ドリトル君の独り言】

パンダイルカには、スカンク・ドルフィンという別名もあります。

こちらはフロリダ州オーランドのアクアティカ(シーワールド・ウォーターパーク)で飼育されているパンダイルカです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする