【海外の反応】波乗りが得意な数十頭のイルカの群れに囲まれるセミクジラ

西オーストラリアの都市エスペランスの沖合で、クジラとイルカの群れが仲良く泳いでいる様子を新進気鋭の映像作家ジェイミン・ハドソンさんがドローンで撮影しました。

ビデオの後半にはイルカたちの波乗りの様子も収められています。映像美はもちろんですが、学術的にもたいへん貴重な映像です。それでは、海外の反応をどうぞ!

タイトル

「クジラVSイルカの群れ」

【海外の反応】トップコメント

■ 庭で遊んでるみたい

【海外の反応】その他のコメント

■ イルカの「群れ」は”pack”じゃなくて“pod”だよ

(投稿者)ああ、わかってるよ。「群れ」が陣形を作ったところが気に入ったんでこんな表現にしたんだ

■ なるほどね。良いビデオだ

■ クジラも波乗りすればイルカたちも「あんたなかなかやるじゃないの。俺たちと一緒に乗ってもいいよ」とか言いだしそうだね

■ イルカが完璧な波の乗り方を披露してるね

■ いい映像だね! 天候が完ぺきな時のエスペランスのウエストビーチだ

■ こういうビデオは何回見ても飽きないね。ろくでもない映像が多すぎるよ

■ すごく良いドローンの映像だね。クジラとイルカが交流している様子は前にも見たことがあったの?その時どんな感じがした?あとこれは、どんな種類のクジラなの?

■ (投稿者)うちの両親は僕が生まれる前から、エスペランス・アイランド・クルーズという会社をやっているんだけど、そんな幸運に恵まれたせいもあって、これまでにもこういう場面を見たことはあったんだ。でも、こうして映像に撮れたのは今回が初めてだよ。このクジラはミナミセミクジラという種類だよ

(ソース:https://youtu.be/TCVpPsanHUo

【豆知識】

セミクジラの特徴はV字型の背びれが無い背中です。また、世界で最も精巣が大きい動物で、重量は片側約500kg、合計1トンに達します。(ソース:Safari Booking)

【ドリトル君の独り言】

ハドソンさんは17歳の時にバイク事故に遭って以来車いす生活を続けていますが、ドローンと出会ったことで元々志望していた写真家への道を再び歩むことを決意したそうです。Youtubeにアップした「クジラとパドルボーディング」(下の動画)は、瞬く間に560万回の再生回数を記録し、映像作家として注目を集めるきっかけになりました。(ソース:The Sydney Morning Herald

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. (-_-;) より:

    仲良く?
    進行方法を邪魔してるようにしか見えない
    こうやって浅瀬に追い込んで殺すんだろうね

    イルカが暇つぶしで生き物を殺すって
    知ってるかどうかで見方が変わるね

  2. 気にするな より:


    いや、実際にクジラとイルカはよく遊ぶよ。
    そこにバイオレンスが発生することすら聞いたことない。

  3. すのーけら より:

    うーん、何も思わないで見たらイルカが虐めてるように見えた。
    イルカは本当に賢い動物で、遊びの為に相手にダメージ与えたりするよね。
    可愛くてフレンドリーで賢くて残酷な生き物・・・
    だけど仲がいいって言われたらそうなのかもしれないとも思う。