【海外の反応】ベルーガ(シロイルカ)に襲い掛かるサメの”ニセモノ”、あえなく撃退される

北極海やその周辺海域に生息するベルーガ(シロイルカ)に襲い掛かったのは、天敵のシャチ…ではなく、小ぶりのサメ、しかもニセモノのようです。ぺろぺろキャンディーを片手に、白く鋭い歯が並んだ見かけ倒しの口を開けてベルーガを威嚇しますが…

あえなく撃退されてしまいました。パパがそばにいてくれたことがせめてもの救いですね。それでは海外の反応をどうぞ!

タイトル

「ねえチャーリー、今からこのニセモノのサメ君を驚かせてやるから見てな」

【海外の反応】トップコメント

■ サーシャは、長い間拘束されてる間に無数のガラス叩き野郎どもの相手をしてきたんだ

■ このベルーガには聞き取れなかったかもしれないけど、”小さい海洋動物”が発する振動音はすごく不快に感じるらしいよ

■ ガラスを叩くのを勧めるわけじゃないけど、今の水族館のガラスは4層構造の厚いプラスチック(※)のようなものだよ  ※アクリルガラス

■ ベルーガのおでこの部分はソナーの役目をしてるんだよね

■ 僕の同僚は、以前は水族館でイルカの飼育係だったんだけど、水槽を清掃するためにダイビングしてる時に水槽を叩かれるとホントに耳障りらしいよ

【海外の反応】その他のコメント

■ フードには目があるし、縁には円を描くように歯が並んでるし、正直言って何か他の動物のように見えるよ。口を開けて脅かされたんで、ベルーガが反撃したのさ

■ この子に悪気がなかったとしても、ベルーガはどっちみち驚かそうとしたと思うよ

■ 

■ うーん。このフリップボーイは子供が嫌いみたいだね

■ 

■ このGifはもっと長いのが欲しいね

■ 

■ 素晴らしい!

(ソース:https://imgur.com/gallery/hLbCk)

【豆知識】

ベルーガは肉食動物で、タラ、ヒラメ、サーモン、カニ、エビ、タコ、イカ、ハマグリ、ムール貝などを1日1回22.7kgから27kg食べます。歯はありますが、獲物を口にくわえるためのもので、食事の際は噛まずに丸呑みします。(ソース:livescience.com

【ドリトル君の独り言】

今回ご紹介したベルーガは、アメリカ・コネチカット州にあるミステック水族館の人気者で、子供が大好きなことで知られています。

こちらは水族館のプロモーション・ビデオです。地元の野球チーム・コネチカット・タイガース(マイナーリーグ1A)のマスコットが水族館にトレードされてきます。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ななし より:

    あのノンキな顔立ちに騙されるけど、ベルーガって気が強いというか神経質な生物だよ。
    自分達仲間以外の固体はイジメ抜くし水族館で実物みて印象が変わる奴だよ。