【海外の反応】小学生の兄弟ハンターに遭遇した若いシカがとった「驚きの行動」

アメリカ・オハイオ州の森にお父さんとハンティングに出かけた11歳と9歳の兄弟。日本ならまだ小学校に通っている年齢だというのに自分専用のライフルを所持する二人は、お父さんの指導のもとで獲物探しに夢中です。

すると、突然そこに若い野生のシカが現われます。驚きのあまり言葉を失った兄弟たちを前に、シカがとった行動とは…

ハンターのライフルの匂いを嗅ぐというのは、野生のシカにとっては前代未聞の行動と言えるかもしれません。ちなみに兄弟のお母さんによると、弟はライフルを撃ってシカを驚かせたかったそうですが、(幸いなことに)まだ撃ち方を教わっていなかったので実現しなかったそうです…。

なお、この日の狩りのお目当てはリスだったのだそうです。(リス狩りはアメリカの狩猟ファンの間では根強い人気があるそうです。)

アメリカでは獲物の種別に応じて州ごとに発行される狩猟ライセンスの携帯が義務付けられていますし、シカ用とリス用では狩猟具が異なることからも、親子がシカを標的にすることはなかったのかもしれません。

それでは海外の反応をどうぞ!(ソース:fox45now.com/wikihow.com

タイトル

「怖いもの知らずのシカ、幼いハンター達をチェックすることに」

【海外の反応】トップコメント

■ アラスカ・ジョーならどうするか?可愛がってやるために、紐につないでから家に連れて帰って「ジョージ」と名づけるだろう。それから武器を投げうって弱虫ハンターになるよ

【海外の反応】その他のコメント

■ シカ肉は好きだけど、あんなことされたら撃てやしないさ。できっこない…

■ まだ若すぎるよ。ほんの赤ん坊だ

■ そもそも彼らはリス狩りに来てたんだろ?

■ 誰が撮ったにせよ、カメラは水平にしなきゃ駄目さ。ずっとよく撮れてたはずだよ

■ 注意しておくよ!これはノーマルでフレンドリーな偶然なんかじゃない。このシカはかなりの確率で病気だろうね。これはノーマルな行動じゃない。どんなシカも人間や同じサイズの生き物を警戒して避けるはずだよ。そうしないと長くは生き延びられないから

■ 場所は郊外かな。誰かが餌付けしてるのかも

■ 典型的な小ジカの反応だよ

■ 誰かがエサをやったことがあるんだと思う

■ 大きなミカンだと思ったのかもw

(ソース:https://www.facebook.com/

【知識】

子ジカの白い斑点は捕食動物から身を守るためのカモフラージュ効果があります。(ソース:ivescience.com

【ドリトル君の独り言】

幸運にも3人のハンター達から逃れることができた若いシカですが、ライフルの匂いに対する誤った認識を持ってしまったかもしれません。前途多難ですね…。

Embed from Getty Images

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする