【海外の反応】長野市茶臼山動物園の「きちょうめんなアライグマ」

マンホールに隠れていたところを見つかったアライグマ。いったんは外に連れ出されますが…

8年前に長野県軽井沢町で捕獲され、長野市茶臼山動物園にやってきたカール君です。毎日開園と同時に展示施設内のマンホールのふたを外して、中に閉じこもってしまう様子から「きちょうめんなアライグマ」として人気を集めています。

それでは海外の反応をどうぞ!

(ソース:Asahi.com

タイトル

「一度は試みたものの」

【海外の反応】トップコメント

■ 最後が良いね

■ 「それでは、ごきげんよう!」と言ったのかな

■「だめ!私のぬいぐるみ、取らないで!」→「それでは、ごきげんよう」→「だからごきげんようって言ってんじゃん!」

 

【海外の反応】その他のコメント

■ 

■ このズーム…

■ 「だから、とっとと失せろっての -アライグマ」

■ ハハハハハ!最後にふたが閉まるところ

■ アライグマの反応

■ 退去通知をお持ちになってください -ゴミ・パンダ※(多分…)(※ゴミパンダTrash Pandaとは、アライグマを意味するスラングです)

■ 妻を隠して、子供を隠して、ドアをロックして、クソ…

■ 誰かがあなたを変えようとしたのに、あなたはゴミための奥に閉じこもったままなんて

■ ちきしょう!それって結構残酷だよね

■ けがしてるのかな、かわいそう

■ 背中の毛皮に泥がついてるだけだろ

Never Forget

■ 彼の地下の住み家を指している青い矢印の表示によると、彼の名前はカールらしい

■ ミュータント・ニンジャ… アライグマ?

■ ホーム・スィート・ホーム!

■ フタを閉めるところにやられた  😀

■ 彼を見てると君たちみんなを思い出すね

Reaction Gif.

■ 「なんだよ、掃除してくれるわけじゃないんだ」

■ 何回ぐらい、同じことを繰り返してるんだろう。放っておけばいいのに

■ 「今はここに住んでるんだよ -ゴミパンダ」

■ 「お嬢さん、やめてくれよ!俺はここに住んでるんだ!」

■ カールって名前、いいよね。すごく似合ってる気がする

■ 「貴様、ニンジャ・ゴミパンダのアジトを暴いたな!」

■ なんて頭のいい哺乳類なんだ

■ アジアにもアライグマがいるのか?動物園で飼ってるの?

■ 礼儀正しい日本のアライグマが、東京の自宅を案内してるところ

(ソース:https://imgur.com/gallery/MndNe

【豆知識】

日本では特定外来生物に指定され、飼育・譲渡・輸入が法律で禁止されているアライグマ。駆除を目的とした日本全国における年間捕獲数は、2014年度には10年前の10倍に相当する3万匹に達しました。

問題の深刻さは海外でも報じられています。アメリカの雑誌スミソニアンマガジンの電子版では「児童書が日本のアライグマ問題の原因を作った」というタイトルで記事を掲載しています。

記事は1977年に放映が開始されたアニメ「あらいぐまラスカル」に触れ、当時はペットとしての飼育が認められていたアライグマのブームに火をつけ、今日に至るアライグマ問題の原因を作った、としています。(ソース:Smithsonian magazine.com

Racoon

【ドリトル君の独り言】

とにかく繁殖力が強いアライグマ。特定外来生物として根絶するのは並大抵のことではなさそうです。最後にご紹介するビデオのタイトルは、「クレイジーなアライグマのビデオ完全版」です。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ポンポコ戦隊ケモレンジャー より:

    「ここは満員だ…逃げることは…できねーぜ……
     あきらめるんだなDIO。」

  2. より:

    最近値下がりして2000円になったらしい