【海外の反応】「楽しむためにイジメる?!」恐るべきカラス科の鳥たち…

ダックスフンドにちょっかいをだしているのは、北東アジアやロシア東部に生息するコクマルガラスです。(越冬のために九州を中心に西日本にも飛来しています。)

Nip and duck

カラス科の鳥の中には、このように他の動物を攻撃する鳥も存在します。果たしてその目的は…?それでは海外の反応をどうぞ!

タイトル

「互角?の勝負」

【海外の反応】トップコメント

■ どうしてカラスはこんな風に人間や他の動物をからかうのか疑問に思ったかもしれなけど、最近科学者が発表した説によると、単に楽しむためらしいよ(ソース

■ ダックスフンドがつながれていて動けないのを分かった上でイタズラしてるね。まったく、怖いくらい頭がいい動物だね

■ リーシュが伸びるのを知ってて、ちょうど届かない位置まで逃げてる

【海外の反応】その他のコメント

■ 道路に木の実を落として、車が踏みつけて殻が割れたところで食べたるんだよな (※)

(※こちらは秋田県で撮影された映像です。)

■ 四つ足の哺乳類は後ろ向きに歩けないことを知ってるから、向きを変える間に逃げてるね

■ カラスとカササギは本当に頭が良くてずる賢いんだよね。うちの猫は外に出るとアイツらに追い掛け回されて、家の中に逃げ込んでるもん

■ カラスに遊び心があるのは楽しむためだったなんて! すごい発見だね! 楽しむために、他の動物をからかってたなんて思いもしなかったよ(笑)リンク先に掲載されてた研究は、遊ぶために道具を使ったり、それを識別するって内容だったけど

(リンク:https://www.reddit.com/

【豆知識】

カラスの仲間のカササギも、他の動物を攻撃する習性があります。特にオーストラリアでは自転車のライダーが被害に遭うケースが多く、カササギ注意報を配信する専門サイトも存在します。

【ドリトル君の独り言】

とにかく高い知能を持つカラス科の鳥たち。人や動物を攻撃する以外の楽しみを見つけてほしいですね。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする