「引き取られた犬たちのビフォーアフター」

愛情さえ注げば救われる命がある。引き取られた犬たちが幸せに暮らす様子が収められた画像集は、私たちにそのことを思い出させてくれます。(スライドショーになっています。”Next>”ボタンをクリックしてください。)

Dogs before and after being adopted

飼い主さん達には心からの賛辞を贈りたいですね。

タイトル

「引き取られた犬たちのビフォーアフター」

【海外の反応】トップコメント

■ 引き取られた犬たちが笑顔になっていく様子が愛おしい

■ 自信を取り戻したのが分かるわよね。素晴らしいわ

■ 

【海外の反応】その他のコメント

■ 犬の口をガムテープでふさぐなんて

■ この写真は前にも見たけど、人間の屑だ

■ 動物が感情を表すことができないなんて、私には納得できない。この幸せいっぱいの犬たちの写真を見てよ

■ ”How Dogs Love Us”という素晴らしい本があるの。著者はMRIを使って調べた結果、犬には人間と同じように愛情やその他の感情があると推定しているの。泣けたわ

■ 私もよ。表情やボディランゲージを御覧なさいよ。彼らがどんな風に感じているか分かるはずよ

■ 犬を傷つけた人たちを私が傷つけてやりたい

■ 私も。でも犬達は今は幸せよ! :)

■ 

■ 全ての生き物は敬意と愛を持って扱われるべき。それこそが命の意味ってものじゃない。

豆知識

アメリカでは保護施設が預かる年間約650万匹の犬と猫のうち、約150万匹が安楽死させられています。その一方で、約75万匹が飼い主によって引き取られ、約320万匹が一般家庭に引き取られています。(参照:American Society for the Prevention of Cruelty to Animals

ドリトル君の独り言

こうした写真を見る限り、やはり動物に感情があることを否定するのは難しように思えます。

本日もお越しいただきありがとうございます。ブログランキングに参加しています。よろしければ応援のほどよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする