「保護運動組織を通じて姿も見ないまま子犬を引き取ったら・・・」

「保護運動組織(アニマルレスキュー)から連絡があったので、姿も知らないまま子犬を引き取ることにしたところ・・・・

We adopted a puppy through a rescue in AR without knowing what she really looks like.. turns out she looks just like the one we’ve already got from aww

・・・・すでに飼っていた犬と容姿がそっくりだった」というお話です。

単なる偶然でしょうか?

タイトル

「アニマルレスキューから連絡があったので、姿も知らないまま子犬を引き取ることにしたら、すでに飼っていた犬と容姿がそっくりだった」

【海外の反応】トップコメント

■ そんな人間でいてくれてありがとう。優しい人ね。ご多幸をお祈りいたします

■ 彼女は落ち着きがないの。でもストレスのせいだから仕方ないわ。次に引き取るのが待ち遠しい!

■ :)すごいわね!

【海外の反応】その他のコメント

■ 私が猫を引き取った時も似たようないきさつだった。友達からメールで「どこかに家はない?」って連絡があったから引き取ることにしたの。6か月前に最年長の猫を亡くしてたし。そんなわけでアボットはうちの家族になったんだけど、兄弟猫のアリスティアとそっくりだったの

■ もしかしてMMAのファン?

■ 何だかわからないから違うと言っておくわ

■ 実はアボットとアリステアって異種格闘技団体のMMAに所属するレスラーの名前と同じなんだ。単なる偶然か・・・。

■ どうして見もしない犬を引き取ったの?

■ 私たちはマサチューセッツの保護施設から彼女を引き取ったんだけど、そこはアーカンソーの施設と提携していて、そっちで捨てられてた母犬と13匹の子犬のビデオが送られてきたらしいの。ちょっと無茶だったけど、イチかバチかで申請書を送ったら承認されて、他のたくさんの保護された犬たちと一緒にバスで送られてきたってわけ。

ちょっとした賭けだったけど運がよかったわ。彼女はほんとに行儀が悪いし、困った子なんだけど、このチャンスをものにできてとっても幸せよ。次もまた引き取るつもり。次は大人しいオスが欲しいわ。

■ オーストラリアン・シェパード二匹なんて、運がいいね!

■ もしかしたら長い旅路の果てに家族を再開させてたりしてね

豆知識

アニマルレスキューは、人命だけではなく動物の命も救うべきだという考えに基づくグローバルな社会運動です。里親探しや、動物保護が主な活動内容となっています。

ドリトル君の独り言

アメリカ北東部のマサチューセッツ州と南部のアーカンソー州の距離ですが2000キロ以上離れていると思います。親子かどうかは分かりませんが、不思議なこともあるんですね。

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする