【海外の反応】「僕たち、まだ友達だよね?」犬の気持ちを確かめる猫

高まる気持ちを抑えきれなかったのか、思わず犬の前脚を甘噛みしてしまう猫。不快感をあらわにした犬に猫がみせた反応は…

ᴵ ᵇᶦᵗᵉ? NO!  ᴵ ᵇᶦᵗᵉ? NO!  ᴵ ᵗᵒᵘᶜʰ? okay…

肉球を通してぬくもりが伝われば、もう心配いりませんねw

それでは海外の反応をどうぞ!

タイトル

「噛んでいい?ダメ!噛んでいい?ダメ!触っていい?良いわ」

【海外の反応】トップコメント

■ あらま。うちの犬は、前脚の上に私の手を置かせないのに。いつだって自分のを上に置こうとするの

■ それは犬が君のことを自分のものだと感じているからさ。実際、優位性の問題さ

■ 多分、最初に犬を噛もうとすればいいんじゃないかな

【海外の反応】その他のコメント

■ 前脚に触っちゃった…前脚をかじっちゃった…byニャンコ

■ 

■ これって、夫を嫌ってる私の描写そのものだわ

■ 

■ 犬がボスの地位を奪った瞬間

■ 猫が犬に飛び掛かる数秒前の映像って感じ

■ 

(ソース:imgur.com

【豆知識】

j獣医師が監修するVet Streetによると、猫と犬を引き取る場合、どちらを先に迎えるべきかについて絶対的な答えはありません。上手くいっているケースには、あらゆるパターンがあるからです。ただより最善な方法としては、良くしつけされ、猫に無関心な中年の犬を最初に迎えることです。(ソース:mentalfloss.com
dog & cat

【ドリトル君の独り言】

この猫は犬に母性を感じていたようです。

さてこちらは、ベッドの領有権をめぐる犬と猫のバトルロワイヤルです。

本日もお越しいただきありがとうございます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする