【海外の反応】名もなきポニー、ヨーロッパ伝統の自転車レースに飛び入り参加する

ポーランドで毎年8月上旬に行われる自転車レース、ツール・ド・ポローニュ。74回目を迎えたヨーロッパでも屈指の歴史と伝統を誇るレースに人間以外で初めて参加した動物が、こちらのポニーです。

Pony Joins Pro Cycle Race

第3ステージのゴールまで残り104キロ地点で突然現れた持ち主不明のポニーは選手の集団としばらく併走しますが、見るに見かねてレースを中断した1人の選手に誘導されてコースを外れ、無事にリタイアとなりました。

レースの公式記録には「ポニー」の名前が掲載されたそうです。(どうやら国籍はポーランドだったようですね。)

それでは海外の反応をどうぞ!(ソース:http://lebuzz.eurosport.co.uk/

タイトル

「ポニー、プロの自転車レースに参加する」

【海外の反応】トップコメント

■ 誰かこのポニーと契約しろ

【海外の反応】その他のコメント

■ 最初のコーナーのトラクションのかかり方が不自然だったね。電動モーター駆動か?

■ 選手の1人がポニーを誘導する技術を持ってたのは幸運だったね

■ あの選手がポニーを救ったんだ!よくやったね!

■ ハハハ!このポニー可愛い

■ だれか、ポニーのドーピング検査を

■ フェアプレーが何かを教えてくれたよ

(ソース:https://twitter.com/CyclingHubTV/

【豆知識】

1800年代の半ば、イギリスやオーストラリアの地下の炭鉱で女性や子供の労働力に替わりポニー(シェットランドポニー)が働かされるようになりました。日光を見ることもないまま一生を終えるポニーもいましたが、世話係たちはそんなポニーたちを大切に世話することで知られていました。(ソース:http://ihearthorses.com/

Shetland-pony-minessm.jpg
By Stacie Cruz – http://miniaturehorses-cruzmountain.com, Public Domain, Link

【ドリトル君の独り言】

レースをあきらめてポニーを誘導した選手が気の毒です。他に誰もいなかったのでしょうか…

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキングkaxtu

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする