【海外の反応】2頭の小ゾウの性格の違い

イギリスの新聞デイリー・テレグラフに掲載された「科学者によって明らかになったゾウのパーソナリティ」という記事によると、ゾウの性格は①リーダー②優しい巨人③いたずら好きな悪党、そして④頼れる努力家の4つのグループに分類されるそうです。

群れと一緒に移動中の2頭の小ゾウがどのグループに分類されるのか分かりませんが、彼らの歩き方には性格の違いが現われているように見えます。

Look at that confident strut.

それでは海外の反応をどうぞ!

タイトル

「見てよ!この自信たっぷりで、ふんぞり返った歩き方!」

【海外の反応】トップコメント

■ 歩き方でわかるよね!「僕はゾウだよ!!」「今は話してられないんだ」

Oh hi there

【海外の反応】その他のコメント

■ 鼻の振り方で分るよね。「僕はゾウだよ!!」「何か、落ち込んじゃった」

■ 

■ あれが自信にみなぎってる時の鼻の振り方ね

■ よく人間の感情をゾウに当てはめるべきじゃないっていうけど、でも彼らって、コンスタントに人間みたいに振舞うよね。小ゾウが怖い思いをした後に母親に駆け寄ったり、赤ちゃんゾウと遊んだり、感謝の気持ちを表そうとしたリ

多分、そういう情報を読み漁ってるからだと思うんだけ、それでも彼らの感情には幅広い許容性があって、感情には深みがあると思うの

■ もちろん彼らには複雑な感情があると思う。だって彼らは高度な知性がある哺乳類なんだから。全ての哺乳類の脳には大脳辺縁系という感情をつかさどる回路があって、それが爬虫類との大きな違いの一つなんだよ

(ソース:https://www.reddit.com/r/babyelephantgifs/comments/6m13bd/look_at_that_confident_strut/

【豆知識】

アフリカゾウの鼻には二つの”指”がありますが、アジアゾウには指が一つしかありません。(ソース:Discover Wild Life)

こちらは、鼻の使い方に未だ慣れていない赤ちゃんゾウです。

【ドリトル君の独り言】

冒頭にご紹介したゾウの性格について研究するスコットランドのスターリング大学リー教授によると、ゾウの群れのメンバーには性格によって役割が与えられているそうです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする