【海外の反応】「リアル・ディズニーランド」子供動物園のベビーブーム

アメリカ・オクラホマ州にあるホチャタウン子供動物園には空前のベビーブームが訪れているようです。鹿、アライグマ、スカンク、そして猫の子供たちが集まり、和気あいあいです。

Baby season at the petting zoo. from MadeMeSmile

まるでデズニー映画のような映像ですね。それでは海外の反応をどうぞ!

(ソース:https://www.facebook.com/HochatownPettingZoo/?fref=nf

タイトル

「子供動物園に訪れたベビーブーム」

【海外の反応】トップコメント

■ アライグマの子供が一番かわいいね。可愛い小鹿は休みたいんだろうけど、まわりの毛玉ちゃんたちはまだお昼寝には早いって感じかな

【海外の反応】その他のコメント

■ 小さいスカンクもかわいいわ。

■ この中では一番危険な赤ちゃんだね

■ 生後1か月ぐらいまでは臭いを噴射できないから、まだ大丈夫

■ 噴射させないようにすることはできるの?

■ できるけど議論の対象になるね 『メルカプタンを噴射する香りの腺は、通常生後4週間でペットのスカンクから除去できます。ただし2006年以降、この除去手術は英国では違法です。』

■ 小鹿「ねえ、もうお昼寝だって。ねえ、ちょっとみんな…お昼寝は?」

■ これ普通の子猫?何で動物園に普通の猫がいるの?

■ 農場の子供動物園だからだよ

■ 子猫が一番だからさ!

【豆知識】

スカンクの寿命は飼育されている場合は7年から8年ですが、野生の場合は平均3年と言われています。(ソース:Live Science

【ドリトル君の独り言】

登場したのは全てアメリカの野生動物の子供たちでした。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする