【海外の反応】超VIP待遇(?)でパレードに参加したジャーマン・シェパード

スペインのマドリード市街を、警察車両に乗ってパレードするジャーマン・シェパードです。

“Is all this for me?”

スペインでは、10月12日は軍隊記念日。こちらのジャーマン・シェパードは警察犬としてパレードに参加したそうです。

それでは海外の反応をどうぞ!

タイトル

「これって全部僕のためなの?」

【海外の反応】トップコメント

■ 我々は犬と一緒に祝う機会をもっと増やすべきだと思う。インドでもそういう日があるようだけど。真面目な話、犬ほど人間と歴史を共有してきた動物がいるかい?

■ 馬もそうだよね

■ 猫も

■ ネパールでもそういうお祭りがあるよね。ティハールっていうお祭りで、5日間もお祝いするんだよね

【海外の反応】その他のコメント

■ 

■ この犬、いつも通り、群衆を監視してるみたいだ。任務遂行中

■ 犬が怯えていないか心配なんだけど

■ 耳が後ろに倒れているから少し怯えているかも

(ソース:imgur.com

【豆知識】

アメリカ・カリフォルニア州のグランデール市警察の場合、警察犬として選抜された犬は、まず最初に4~5週間かけてパトロールを行うための訓練に参加した後、麻薬や爆発物の探知訓練に3~4週間参加します。(ソース:glendaleca.gov

Day 155 - Dogs in  training

【ドリトル君の独り言】

どうせならRV車のボンネットよりも、オープンカーに乗りたかったのかもしれませんねw

訓練されているとはいえ、群衆が見守る中、パレードの隊列に加わった動物が冷静さを保つのは簡単なことではありません。こちらの動画では、英国王室のパレードに参加中の馬がパニックに陥ってしまいます…

本日もお越しいただきありがとうございます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする