【海外の反応】リスの「スリンキー・アタック」

2匹のリスが日本でも流行ったバネのオモチャ「スリンキー」で遊んでいますが…

Squirrel shoots a slinky at Chipmunk

小さい方のリスが日本のシマリスの仲間で、英語名チップマンク。大きい方は、日本の二ホンリスやエゾリスの仲間で英語名はスクワールです。それにしてもなぜ公園にバネのオモチャが…?それでは海外の反応をどうぞ!

タイトル

「スクワール、スリンキーでチップマンクを攻撃」

【海外の反応】トップコメント

■ これ、このために誰かがわざわざ仕掛けたってわけ? LOL

■ だと良いな

■ PETA(動物保護団体)に通報しろ!

【海外の反応】その他のコメント

■ ユーチューブで「リス・カタパルト」で検索しなよ。笑えるから(※こちらです。)

View post on imgur.com

■ こうして齧歯類大戦争が始まりました。 休戦協定は破られたのです。 この世界に安全なナッツなんてないんです

■ 

■ これアクシデントなのか、ワザとなのか分からないね

■ バネは右のリスにはギリギリのところで当たってない。リスは驚いて逃げたんだよ。それでも面白いけど

■ これ作ったやつ頭のいいサイコだな

■ 何てこった!こいつは今まで見た中でも一番面白い動物がらみの装置だ

■ 動物は人間をわざと傷つけたりしないよ。これはアクシデントさ。見てるのがつらいよ。残念だ

■ 週末にやることが見つかったよ

(ソース:https://imgur.com/gallery/P2CSnxl

【豆知識】

野鳥にエサをあげるためのバード・フィーダーには、リスに鳥のエサを食べられないようにするための工夫がしてあるものがあります。例えばこちらの製品には、リスが捕まろうとすると回転する手すりがついています。

Squirrel-proof bird feeder

【ドリトル君の独り言】

小型哺乳類のおもしろ動画でリスが登場する回数は、こちらもバードフィーダーが大好きなアライグマ(下の画像参照)に次いで多いのではないでしょうか。

Caught in the Act

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする