【海外の反応】毎度おなじみ・ロシア製「あり得ないクマ動画」

「あり得ないクマ動画」のロケーションスポットとして、他国の追随を許さないロシアから届いた映像がこちらです。

But I was bearly blowing on it!!!!!!!!!

このクマは、「ポーラー・ウルブス・バイク・クラブ」というライダーグループが運営する移動サーカスの出演者でした。こうして宣伝活動を兼ねてロシア各地をツーリングしながら巡業しているそうです。それでは海外の反応をどうぞ!

(ソース:https://youtu.be/bsl-jKOVw3o

タイトル

「でも何とか吹けてたけど!」

【海外の反応】トップコメント

■ この熊、挑発してなかった?挑発してたよね!やってやろうじゃないの…

【海外の反応】その他のコメント

■ これって平均的なロシア人の権利についてのビデオじゃないの?

■ なぜかわからないけど、悲しくなるね

■ 私も。理由は分かってる

■ これがそうだとは言わないけど、人間は芸を覚えさせるためにクマを拷問してるんだ

■ 中に人間が入ってるんじゃないの?動きが人間ぽいんだけど

■ アップになったところをよく見ると口にテープがしてあるね

■ そうさ。体重が500ポンド(226キロ)を超えて爪が5インチ(12センチ)を超える場合はマズル(口輪)をつけないと

■ 

■ ロシア?ロシアか

■ 気分悪くなる

■ 先頭から二番目のバイクはBMW K1200 LTだね。持ってるよ

■ いったいどれくらいの数のロシア人がクマをペットにしてるんだろう?

(ソース:https://imgur.com/gallery/qsxj7y9

【豆知識】

サーカスで野生動物に芸をさせることを法律で禁止する動きは世界的に広がりを見せています。アメリカでは100年以上の歴史を持つリングリングブラザースが廃業に追い込まれました。背景には運営コストの増大の他に、動物保護団体からの批判を受けてゾウのショーを打ち切ったことによる人気低迷があると言われています。(ソース:http://edition.cnn.com/l)

Ringling Elephants

【ドリトル君の独り言】

旧ソ連のラトビアもサーカスで野生動物を飼育することを禁止したそうです。ロシアにもこうした動きが広がるのでしょうか。

こちらの動画のタイトルは「バイクに乗って高速道路を走るクマ」です。ロシアならあり得ると思わせてしまうパロディ動画です。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする