【海外の反応】麻薬密輸中の伝書バト、警察に捕獲される(クウェート)

中東のクウェートで、隣国イラクから違法ドラッグを密輸するために使われたとみられる伝書バトが捕獲されました。

crafty lil pidge

現地のニュースメディアの報道によると、背中の「バッグパック」には違法ドラッグとみられる錠剤178錠が収められていたそうです。それでは海外の反応をどうぞ!

(ソース:NewYork Post)

タイトル

「crafty lil pidge(精巧で小さな巣箱)」

【海外の反応】トップコメント

■ 「もし警察が利口なら追跡装置を取り付けてからハトを放すだろうな・・・」

■ 誰かが密告するよ

■ 警察官の家に戻るかも

【海外の反応】その他のコメント

■ このハトが長い刑期に服すことを望むよ。麻薬取引は深刻な犯罪だ

■ ハトは刑務所暮らしに持ちこたえないよ。普通の「糞をするハト」に戻りたいだけだ

■ 警察官「ちょっと待てよ、このハト、バッグパックをしょってるぞ!!」

■ どうやって運んだかじゃなくて、単純に重さの問題だ。13オンス(約368グラム)のハトが100グラムの錠剤を運べないよ

■ これは明らかにアフリカのハトだね

■ アフリカの在来種だ

豆知識

2015年には、コスタリカの刑務所に服役中の囚人が、伝書バトを使って外部から麻薬を取り寄せようとした事件が起きています。(ソース:CNN.co.jp

ドリトル君の独り言

追跡装置を付けて放すという捜査方法は名案ですね。

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする