【海外の反応】小さすぎる馴染みのベッドをあきらめ切れない子犬たち

生まれた時から使ってきたベッドを、どうしてもあきらめ切れない様子の子犬たちです。

Only this bed will do from aww

この光景を見てなぜか日本を連想した人もいたようです。それでは、海外の反応をどうぞ!

タイトル

「Only this bed will do(こっちのベッドじゃないと)」

【海外の反応】トップコメント

■ ラッシュアワーの東京の地下鉄に乗車することを可愛らしく映像化してみました

【海外の反応】その他のコメント

■ 犬の山

■ 子宮の中の感覚を取り戻したいのさ

■ 面白い知識:誤解している人もいるみたいだけど、子犬や子猫は母親の胎内の独立した羊膜腔(ようまくこう)の中で成長するんだ。みんな束になった状態で成長するわけじゃないんだよ

■ あなたの反応の仕方が好きだ。反応そのものだけじゃなくて、みんなを見下してないところが。ありがとう!

■ かわいそうなのは一番下の犬だよ。ただ眠りたいだけなのにさ。カメラが戻った時に、眠ろうとしてるだろ

■ ベッドを隣り合わせに置かないとダメだよ。そうすりゃ、みんな二つのベッドに広がるさ

■ その通り

■ 私、ローデシアン・リッジバックを愛してるわ

■ 僕もだ。生涯飼い続けるつもり。素晴らしい犬さ

■ 飼おうと思ってるんだけど。今飼ってるのは、ボクサー、ドーベルマン、ジャーマン・シェパード。どんな特徴がある犬種なの?

■ 子犬の段階が終わると、高いエネルギーで成長するよ。ちょっとやんちゃだけど忠誠心や愛情が強い犬だ。みんなに勧めるよ

豆知識

ローデシアン・リッジバックの別名アフリカン・ライオン・ハウンドは、かつてこの犬がアフリカでライオンの狩りに使われていたことに由来します。(ソース:American Dog Blog )

via www.ambernose.com

ドリトル君の独り言

ローデシアン・リッジバック、別名も含めて勇ましい響きがする名前ですね。

本日もお越しいただきありがとうございます。
スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする