【海外の反応】感情が顔に出やすい犬

人間同様、感情が顔に出やすい犬もいるようです。

That face…

飼い主さんのくだらないゲームに付き合って、うれしそうなフリをしてあげていたとしたら、なおさら不愉快だったに違いありません。それでは海外の反応をどうぞ!

タイトル

「この顔…」

【海外の反応】トップコメント

■ も、もう一回最初からやっていい? by 犬

【海外の反応】その他のコメント

■ うちの犬なら両方食べただろうな

■ この利口なオールドボーイは、飼い主が寝たところで吠えてやるだろうね

■ 一か月後…

flashback dog

■ この犬、自分の選択に自信たっぷりだったな

■ 

■ あんたなんか嫌いだ!

■ 僕の人生そっくりだよ…犬の方だけど

(ソース:http://imgur.com/gallery/VHXeM

【豆知識】

アメリカ・ウェルデン大学の研究グループは、人間が犬の表情を読み取ることができるか実験を行いました。まず、一匹のシェパードに6通りの感情(幸福、怒り、驚き、嫌悪、悲しみ、嫌悪)を抱かせるための状況を人為的に作り、表情を写真撮影しました。

それらの写真を50名のボランティアに見せて、6種類の表情ごとに感情を当ててもらったところ、幸福は88パーセント、怒りは70パーセント、恐怖は45パーセント、悲しみは37パーセント、驚きは20パーセント、そして嫌悪は13パーセントの参加者が正解する結果が得られました。

これを受けて、研究チームは「人間は、完ぺきではないものの、犬の表情から感情を読み取る能力がある」とする研究結果を発表したのです。(ソース:http://www.telegraph.co.uk/

「おかしな表情をする犬たち」

【ドリトル君の独り言】

ウェルデン大学の研究チームによると、人類は10万年に及ぶ犬との関係構築の歴史の中で、犬の感情を見極める能力を徐々に身につけていったそうです。

Coco the Vizsla - Smile for the camera

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする