【海外の反応】シベリアンハスキー、キャンプ場に現れた子連れのクロクマを撃退する

アメリカ・アラスカ州エルメンドルフ・リチャードソン統合基地内のキャンプ場に、3匹の子グマを連れたアメリカ・クロクマが現われ、キャンプ中だったヘンダーソン夫妻のシベリアンハスキーに襲い掛かりました。

クロクマの主食は、木の実、昆虫、草、魚、動物の死骸、そして人間が捨てたゴミなどです。性格は大人しく、人間を含め他の動物を襲うことは滅多にないと言われていますが、子連れの母グマとなると話は別です。

子グマ達を守ろうとした母グマでしたが、シベリアンハスキーの吠え声と、キャンピングカーから聞こえてくる動画投稿者の奥さんの怒鳴り声に恐れをなしたのか、子グマ達と森に帰っていったそうです。

ここで終わっていればハッピーエンドだったのですが、このクロクマは後日再びキャンプ場に現れたため、安楽死させられたそうです。それでは海外の反応をどうぞ!

(ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2017/08/16/

タイトル

「アラスカのキャンプサイトでクロクマを追い払うハスキー」

【海外の反応】トップコメント

■ クマが彼女の子グマ達を守ろうとした後、この声の大きな女性は犬を抑えておくべきだったと思う。 クマには発信機付き首輪がつけられていた。 おそらく米国林野局が取り付けたもので、クマを家族で移住させるかわりに、発信機を付けてそのエリアに放したんじゃないかな。だとしたら、彼らは子グマ達にも母グマに対してしたのと同じような処置をしたはずだ!!!

この女性には教訓にしてほしいな。夜遅く車を駐車する時は誰だって強盗に気を付けるだろ。クマがしたこともそれと同じさ。唯一の違いは、人間はそのことで安楽死させられることはないってことだ

■ 犬はつながれてたし、子グマ達を襲いようもなかったんだ。犬だって自分の身を守る必要がある。クマは人がいるキャンプ場の方に向かってきた。トラブルは避けられなかったよ

【海外の反応】その他のコメント

■ 子グマ達がどうなったのか知りたいな

■ 誰が気にするのよ

■ 最後までビデオを見てないの?母グマには子供がいたのよ。私が気にするわ

■ 米国森林局は、母グマを安楽死させたら、まだ自立できていない子グマにも同じことをするんだよ!!前は一生懸命野生動物を救おうとしたけど、今は移住させたり飼育したりするよりも簡単だから安楽死させるんだよ!!

■ 母グマを殺すなんてひどいわ。しかも子グマまで殺すなんて

■ 子グマ達は充分成長していたように見えたよ。殺されたかどうか疑わしいな

(ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2017/08/16/

【豆知識】

アメリカクロクマと人間が遭遇するケースは年々増加していますが、その原因の一つはクマが人家のごみを漁って食べるようになったことです。豊富に食料が手に入ることから冬眠をしなくなったクマもいるとされています。(ソース:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/

Black Bear, Ursus americanus. East NC

【ドリトル君の独り言】

アメリカクロクマは比較的大人しいとされていますが、人が襲われるケースもあり注意が必要です。カナダのオンタリオ州で撮影されたこちらの動画を見ると、クロクマが想像以上に敏捷なことが分かります。(幸い撮影者にケガはなかったようです。)

本日もお越しいただきありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする