【海外の反応】ハスキー・パパ 、育児疲れで「歯茎をむき出し」

シベリアン・ハスキーのロンゾは、妻のカイラとの間に生まれた4匹の子犬たちと幸せに暮らしています。ただ、この日のロンゾは、少し様子がおかしいようです。どうやら生後3カ月の子供たちの子守に追われ、消耗しきってしまったようです。

Husky cooped up with puppies looks like he’s had enough

「父ちゃん、何か怖いよ」一家のあるじとしての威厳をかなぐり捨て、うつろな目で中空の一点を見据えるロンゾのあまりの変貌ぶりに、子供達も距離を置いているようです。(ソース:News Flare.com ) それでは、この動画に対する海外の反応を見てみましょう。

タイトル

「Husky cooped up with puppies looks like he’s had enough(もうコリゴリといった様子で、子犬たち共々閉じ込められたハスキー)」

【海外の反応】トップコメント

■ ”ここから だして くれ”

■ 子供の子守に追われた一日の後は、君もちょうどこんな感じだと思うよ

【海外の反応】その他のコメント

■ アラスカン・マラミュートだね

■ あのウィンクw

■ ハスキーにしては毛がフワフワだ

■ 少なくとも父親はマラミュートに見える。ただウールっぽい毛並みのハスキーもいるからね。母親は、マラミュートよりもハスキーに見えるな

■ 賛成だ

■ 本日、私はハスキーが子育てに関して私と意見を共有していることを学んだ

■ ハスキーは小さい子供に最も適した犬種のうちのひとつだ。聖人のように忍耐強く、もめごとを起こさない。

■ この犬たちは「ここから出しやがれ!」と言ってるように見えるな

■ 何か見せてるような

■ ハスキーはこういうマネを良くやるんだよ

■ ハスキーが外皮を脱ぎ捨てる時

豆知識

シベリアンハスキーとアラスカンマラミュートは、どちらも犬ぞり用の犬種として交配されました。それぞれ得意とする積み荷のタイプが異なっており、シベリアンハスキーは軽貨物宅急便タイプ、アラスカンマラミュートは重量貨物長距離便タイプと言えます。(ソース:Pepy

ドリトル君の独り言

犬も人間も、親になるのって大変ですよね

本日もお越しいただきありがとうございます。ブログランキングに参加しています。よろしければ応援のほどよろしくお願いします。

スポンサーリンク
きゃっつあんど
きゃっつあんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする